その他のお悩み

治療方法紹介

【1】めまい(平衡感覚異常)

私達の体は、(視覚)、耳の奥の内耳(前庭覚)、脊髄などの深部知覚器(体性感覚)という3つのアンテナがあって、その情報(末梢感覚)を脳(中枢)でコントロールすることで体のバランスを保っています。自己の体が空間の中でどのような位置に存在するのかを認知することを「空間認知」と言いますが、正しく認知されなくなった状態(破綻をきたした状態)が、「めまい」となります。ですから、原因は何であれ、正常なバランスを保てなくなった状態(平衡感覚異常)はすべてめまいとなり、その状態は本人しか分かりません。

めまいの長さ(持続時間)も一瞬や数秒ほどの短いめまいから、数十分や数時間また数日間も持続する長いタイプまで、原因によって様々です。めまいの原因は多岐にわたりますが、大別すると、内耳の異常によるめまい(全体の4分の3)と、それ以外の異常によるめまい(脳や全身の病気に由来する異常)(全体の4分の1)に分けられます。まためまいの内容(性状)も、天井がグルグルと回る様な「回転性めまい」と、雲の上を歩いているようなフラフラする感じ頭がクラッとする感じの「非回転性めまい」に大別することが出来ます。自分のめまいの特徴を知ることで、早くめまいの診断に行き着くことが可能となります。以下に代表的なめまいの病気を挙げてみたいと思います。

 

内耳の病気

良性発作性頭位めまい症(BPPV)

内耳の三半規管耳石器という場所の障害で発生します。三半規管は頭の位置や角度などを感じ取る器官ですが、耳石器からはがれ落ちたカルシウムの粒「耳石」が三半規管の中に入り、中で移動することでめまいを誘発します。具体的には頭を左右や前後、また上下に動かしたときにグルグル回るめまい数秒~数十秒ほど続きます。短時間ですが頭を動かすたびに繰り返します。数日~数か月で一旦治癒しますが、再発することも多いです。

 

メニエール病

内耳の蝸牛という場所でむくみ(内リンパ水腫)が発生することが原因とされる病気です。典型的な発作では、突然に「グルグルと回るめまい」が片側の耳鳴と難聴とともに起こります。一般にめまいは激しく数十分から数時間持続します。吐気や嘔吐を伴うことも多いです。

その他に、突発性難聴前庭神経炎、中耳炎からきた内耳炎、聴神経腫瘍などがあります。

 

内耳以外の病気

脳卒中(脳梗塞、小脳梗塞、クモ膜下出血)、脳腫瘍、椎骨脳底動脈循環不全起立性調節障害、貧血、不整脈、心因性めまい、片頭痛に伴うめまい、動揺病(乗り物酔い)などがあります。

 

<周囲の人ができることは>

(1)ゆっくり休ませる(安静・臥位にさせる)

本人が楽な姿勢であれば、どんな姿勢でも構いません。楽な服装でゆっくりと休ませま

しょう。もしも、手足の麻痺が疑われたなら、麻痺側の手足を上にして寝かせましょう。

 

(2)嘔吐に備える

強いめまい発作ほど、吐き気を伴います。吐き気があるときは横向きに寝かせ、汚物で

喉をつまらせないようにします。そしてビニール袋、洗面器などを用意してください。

 

(3)症状をチェックする

めまいが起こったとき、一番重要なのは、脳の病気かどうかのチェックです。

めまい以外に以下のような症状が1つでもあれば、すぐに救急車を呼んで医療機関へ連れ

て行くこと!脳卒中(脳梗塞、クモ膜下出血、小脳出血など)の可能性があります。

  • 呼びかけても反応がない(意識障害)。
  • 吐き気がとてもひどい(20分安静にしても軽減しない)。
  • 頭痛がひどい(今まで経験したことのないほどの激しい頭痛)。
  • 目が一方に寄って動かない、または物が二重に見える(動眼神経麻痺)
  • ろれつが回らない(構音障害)
  • 片側の手足が急にしびれている、力がはいらない(手足の運動麻痺)

 

 

アクセス

© Copyright 2014 Indou Jibiinkouka All Rights Reserved.